店舗に使うと目立っておしゃれ!切文字に関する素朴な疑問をしっかり解説します

こちらのサイトは、お店の看板や商品案内など店舗で使うと目立つ効果とオシャレな印象を与えてくれる切文字に関する素朴な疑問について、初心者のオーナーさんにも分かりやすく解説しています。
素材を形の通りに切り抜いたものですが、フォントの特徴には何があるのか、加工の方法や種類それぞれの特徴などにも触れているのでハンドメイドで看板を作りたいときやお店の中で使う案内板などを作るときなど役立てることができるなど参考にされると良いでしょう。

店舗に使うと目立っておしゃれ!切文字に関する素朴な疑問をしっかり解説します

切文字は、金属板・アクリル板・アルミ複合板・カルプボードなど、色々な板材を文字の形に切り抜いたものです。
板材そのものの厚みが文字の厚みになるのが特徴で、店舗の看板などで切文字を使うと目立つ効果と形を工夫するなどでオシャレに見せることもできます。
普通の印刷などによる看板と比べると切文字は手作り感が非常に高いので、素材を選ぶことでそれぞれの店舗の業種に合う切文字看板を作ることができる、集約効果への期待も高まるのではないでしょうか。

切文字を店舗に使うメリットとは?

店舗の運営を行っている方は、正面入り口には看板を設置することは大前提です。
看板によって集客力を高めることができるので、重要な宣伝物になりますが、普通の平らな看板を採用するよりも、切文字で作る方にメリットを感じることができます。
その内容は平らな看板の場合は、どこにでもあるような平凡さが出てしまいますが、切文字は文字列を1つずつカッティングし、壁面から浮かして固定をすることができるので、立体的に見えることをあげられます。
立体的に仕上げることでお洒落なイメージを醸し出し、高級感も発揮させることが簡単になります。
切文字の背面の壁には間接照明となる小型のLEDライトを完備することで夕方以降は更にお洒落で洗練されたイメージ、他では見られないような幻想的な雰囲気にも仕上げることができることもメリットになります。
その結果として売り上げアップに効果があったり、夜間の視認性も抜群になることから、宣伝効果も高めることにも役立ちます。

切文字に使うことができる素材とは?

切文字で用いられる素材は様々で、一般的にはカルプ・アクリル・ステンレスなどが多く利用されています。
それぞれ加工のしやすさや耐久性などの特性、質感などが異なるので、用途に合わせて選ぶことが大切です。
カルプは「カルシウム・イン・プラスチック」の略称で、発泡ウレタン樹脂にカルシウムを添加剤として加えた複合材です。
金属ほどの耐久性はありませんが、耐水性や耐候性に優れ、加工しやすく安価という特徴があります。
一般的に白色が使用され、表面にカッティングシートや塗装を施すことで、様々なデザインを実現できます。
屋外使用もできますが、表面に加工を施さないままだとホコリや水垢が付着しやすいので、定期的なお手入れを行わなければいけません。
アクリルは透過性が高く、ガラスよりも耐久性に優れるのが特徴です。
屋外での使用は向きませんが、切文字として使われる他の素材にはない透明感がデザインの幅を広げます。
金属はステンレスやアルミがあり、ステンレスは高級感があってさびにくいのが特徴です。
アルミは軽量なので、加工しやすく取り付けも簡単に行えます。

切文字だからできる立体的な表現の効果とは?

切文字とは看板に使用されている文字で、立体的に表現されているものを指します。
近いものに箱文字というものがありますが、こちらは厚みがあるのが特徴です。
対する切文字は薄く平面的な文字を浮かせて取り付けています。
浮かせる事で下に影ができて、その影を生かす事で立体感を演出する事が出来ます。
実は影を生かした演出こそが切文字の一番の得意分野と言っても過言ではないでしょう。
陽が落ちて暗くなればライトアップすると昼間と夜で雰囲気をガラッと変える効果があります。
通勤・通学途中に見かける看板が朝と夜と全く違う雰囲気を放っていれば、ついつい看板に視線を移してしまうかもしれませんね。
また、切文字にはスタイリッシュな印象を持たせる効果があるので、素材や色をよく吟味すれば他と大きく差別化しお洒落に存在感をアピールする事が期待できます。
看板の文字を立体的にするだけで見る人の印象に残りやすい傾向にあります。
せっかくなので文字にも拘り、素敵な演出を表現してみてはいかがでしょうか。

切文字は材料によってできないデザインがある?

切文字看板は、ステンレスやアクリルなどの素材を使い文字の形に切り抜いたものを壁に直接貼り付けてデザインを作り出す看板の総称です。
ステンレスはサビにくい素材であると同時に見た目がキレイ、長期間美観を保てるなどからも人気を持つ切文字素材の一つです。
ヘアーライン・鏡面・焼き付け塗装・チタンゴールドなど付加価値を持つ仕上げも可能で、それぞれの仕上げ方で雰囲気も変わります。
切文字は、色々な素材を使うことができるのですが、全ての材料に適した手法ではなく中には不向きなものもあるため、制作会社にどのような素材が使えるのか確認しておくと良いでしょう。
また、材料の種類により特殊な工具および装置が必要になることもあるのですが、依頼先がそのような装置を持っているのか否かでも対応できる材料が決まるので、複数の制作会社を比較して得意にしているデザインや素材をチェックすると良いでしょう。
このとき、制作事例を使えば切文字看板のヒントにもなります。

切文字に関する情報サイト
切文字の疑問

こちらのサイトは、お店の看板や商品案内など店舗で使うと目立つ効果とオシャレな印象を与えてくれる切文字に関する素朴な疑問について、初心者のオーナーさんにも分かりやすく解説しています。素材を形の通りに切り抜いたものですが、フォントの特徴には何があるのか、加工の方法や種類それぞれの特徴などにも触れているのでハンドメイドで看板を作りたいときやお店の中で使う案内板などを作るときなど役立てることができるなど参考にされると良いでしょう。

Search